[脱!三日坊主]努力を継続するための5つのコツ

人生考察

いつもお世話になっています。闘病ブロガーの月白イオリです。


今回は、努力を継続するための5つのコツについてご紹介していこうと思います。


皆さんの中にももしかしたら、「努力が継続できなくて悩んでいる」「どうすれば継続できるか分からない」と頭を抱えている人もいるかもしれません。


そういった人へ向けて、努力が継続できるようになる方法を紹介していきます。


過去の僕も、努力を継続することがとても苦手でした。


「ダイエットして痩せたい」「テストの点数で良い点を取りたい」と考えるも行動にせなかったり、行動できても長続きしない、なんて経験があります。


でも、ここで紹介する方法を心がけたことで、その悩みは解消されました。


その証に、22歳になる頃には念願だったゲームプランナーとして会社に就職することもできています。


そんな僕が、どういうことに気をつけて継続力を高めていったのかを紹介していきます。


この記事が、少しでも皆さんの参考になると幸いです。

目的を明確にする


何かに挑戦して成果を出したいと考えたら、まず初めにやった方が良いのは「何のために頑張るのか」という目的を具体的にすることです。


目的を具体的にできれば、辛いことや困難が身に降りかかっても、それがバネになって乗り越えることができるからです。


例えば「ダイエットをして痩せたい」という目標があった場合、「何のためにダイエットを頑張るのか」を明確にしてみてください。


「自分の体型を周囲の人に馬鹿にされて、それが悔しかったから絶対見返したいから!」だったり、「タイプの異性と付き合うために痩せたい」だったり、ダイエットをする目的をより明確に、具体的にすることで、それがダイエットをする際の原動力になってくれます。


逆に、目標が具体的じゃないまま挑戦してしまうと、途中で挫折したり、心が折れて諦める確率も高くなりやすいので注意しましょう。


もちろん、ダイエットだけでなく、他の物事にも当てはまる考え方なので、何か挑戦する時はぜひ意識して見てください!

頑張ることを明確にする


目的や目標を明確にできれば次は、「何を頑張れば良いのか」について考えてみましょう。


そうすることで、自分のすべきことが明確になり、迷いなく行動できるからです。


また、目標=クリアすべき課題なので、その課題が明確になることで、達成したときの達成感を味わうこともでき、より継続率が高まります。


上記と同様「ダイエットをして痩せたい」という目標がある場合、「どんなダイエットをして、どう痩せれば良いのか」を明確にすればオッケーです。


「平日の昼間は仕事や学校で忙しいから、それが終わった後に家の周りを1周ランニングする」「いきなりランニングは厳しいから、まずはウォーキングから始めてみよう」「ウォーキングもなんかちょっと厳しそうだから、、、まずはストレッチから始めてみよう」


など、自分のモチベーションや体調に合わせて、行動内容を決めていくことが重要です。必ず、無理がなく、毎日継続できるレベルのものにすることをお勧めします。


そうすることで、課題をクリアするハードルが低くなるので、自然と継続率を高めやすいです。

やらなきゃいけない環境に自分を追い込む


物事の継続率を高めたいなら、「やらなきゃいけない環境に自分を追い込む」という考え方もとても重要です。


そうやって逃げ道を防ぐことで、目標を達成しないといけない環境=行動を継続しなきゃいけない環境へと自分を追い込むことができるからです。


ただ、こうやって書くと、とてもハード感じで聞こえますが、べつにそこまでハードなことをしなくても良いです(笑)


ほんとに簡単なことで良いです。


例えば、身の回りの人に目標を宣言してみる、とかでも良いんです。


「今年の夏までに体重を10kg減らす!」と目標を宣言してみるだけでも、かなり効果的です。そうすることで「他の人に目標を宣言しちゃったから、痩せなきゃ!」という環境に身を置くことができますよね。


そういう心がけをすることが、継続力を高めるコツになります。

悔しさをバネにする


もし、周囲の人から自分の目標や夢など、やりたいことを笑われるという悔しい経験があるのでしたら、それを思い出して見てください。


とても辛いことではあると思いますが、その経験があなたの日々の活動を支える原動力になり得る可能性は十分にあります。


物事を継続するなかで、苦境に立たされることは幾度とあります。そんな時でも心を奮い立たせるのは「絶対に見返してやる」


「ここで負けるものか」という悔しさや反骨精神でもあるからです。


過去の僕もそうでした。


僕が初めてゲーム開発に挑戦した時、周囲の友人は「お前には無理だ」「クソゲー量産する気?」と散々コケにしてきました。


でも僕は、そんな罵声を浴びつつもプログラミングの勉強を半年間ほどコツコツ積み上げて、ゲームを完成させることができました。


もちろん、プログラミングを勉強をするなかで、心が折れそうになる瞬間はたくさんありました。


「謎のバグとエラーが大量発生する」「参考資料を読んでも解決方法が導き出せない」など、苦い思いもしましたが、そんな時でも自分の心を奮い立たせる原動力となったのが、「ここで諦めてたまるか」という反骨精神です。


そこで諦めたら、全部友達の言う通りになってしまう、それが悔しくて、「なんとしてでも、絶対にゲームを完成させるんだ!」という気持ちを抱きながら取り組んでいました。


なので、過去の悔しい経験をバネにするのは、継続力を高める1つの方法になります。

憧れの姿になりきる


「自分はどうなりたいのか」「どんな姿になりたいのか」という点を強く意識して、実際にその姿になりきってみましょう!


もしかしたら、これを読んだ読者さんは「は?」と思われたかもしれません(笑)


なのでもうちょっと詳しく掘り下げると、もし「毎日トレーニングをして体を鍛える」という目標を持っている場合、


「ミランダ・カーのような美しい体型になりたい」だったり、「アーノルドシュワルツェネガーみたいなムキムキになりたい」という目標や理想とする姿をイメージしますよね。


でも、そこで終わるのではなく「そういう姿をした人たちなら、どんな生活習慣を心がけそうか」「どんな食生活をしていそうか」「どんなトレーニングをしていそうか」まで想像を膨らませ、実際に自分もその想像に近い生活をしてみる、ということです。


まぁ、いわゆる1人ごっこ遊びってやつです(笑)


そうすることで、自分を怠けさせないようにします。


そうすることでトレーニング期間中にもし、「甘いものを食べたいな」と魔が差しても、


「いやちょっと待てよ。アーノルドシュワルツェネガーだったら、ちょっと魔が差したくらいで甘いものを食べたりはしないはず。俺はアーノルドシュワルツェネガーになりきるんだから、ここで誘惑に負けてはダメだ!」と冷静に自分の感情や行動をコントロールすることができます。


なので、何か継続する際は、「目標や理想とする人になりきる」というやり方もオススメです。

まとめ

以上が、努力を継続するための5つのコツです。


今はまだ、努力を継続できていなかったとしても、これから頑張っていけば結果を出す可能性やチャンスはいくらでもあります。


ここで紹介したコツを意識しながら取り組むことができれば大丈夫です。


僕自身、ここでのコツを意識したことで継続力を高めることができましたし、なにより、努力の過程で学んだことや経験は一生の財産になるなと感じました。


もし今後何かに挑戦するとなった時も、ここで試したことを意識しながら取り組むことで、目標を成し遂げられる可能性があるからです。


なので、読者さんの中にも継続することに関して悩みを抱えている人がいれば、ぜひ一度試してみてください。


この記事が皆さんの一歩前進に役立ててもらえると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました